All Turtles がパリ拠点を開設、3つの信念と支援先スタートアップを紹介

2018年6月21日、All Turtles はパリ・オフィスの開設を現地で発表した。サンフランシスコ、東京に次いで世界で3つ目の拠点となる。発表イベントの場はオフィスを構えるセーヌ川南岸の Station F。最近になって日本でも多くの記事が書かれている、世界的にも注目されるコワーキング・スペースだ。いや、駅舎を改装したその施設のスケール感はそんな表現では不十分で、むしろスタートアップのためのエコシステムが揃った巨大なキャンパスとも言うべきだろう。この施設の開設に数百億円規模の投資をしたのは、政府でも公的機関でもなく、通信会社 Free の創設者である起業家・資産家のザビエル・ニール。彼は無料のプログラミング学校「42も開校するなど IT・起業家を支援する、もはや社会的な企業家だ。日本にも彼のようなバカのようなことをしてくれる人が出てくれないだろうか。

パリ拠点を取り仕切るのは、エドアルド・マニート(Edoardo Manitto)。アクセンチュアの後はナイキ、 ギャップ、仏大手流通業などで活躍し、コンシューマ、リテールでの経験が豊富。All Turtles の欧州責任者に相応しく、ロンドン、アムステルダム、そしてパリで活動し、直近は新規事業開発やベンチャー協業の仕組みを創り上げてきた人物だ。

CEO のフィル・リービンからは、All Turtles の活動の基本となっている下記3つの信念を紹介させていただいた。

  • True brilliance is rare but evenly distributed throughout the world
  • Creativity is a process
  • If you tackle meaningful problems, scale will follow

以下、補足説明を加えて解説する。

  • 真に才能のある人財は希少だが、世界に均等に散らばっている

そもそも才能ある人は、世界中に存在する。シリコンバレーが起業環境として優れた面が多いことは事実だが、だからと言って世界の起業家がみな、そこを拠点とできる訳ではないし、そうすべきという考えはむしろ傲慢だ。そこで我々 All Turtles は、シリコンバレーに来てもらう・来させるのではなく、自らが起業家のところへ出向くこととした。サンフランシスコ(2017年6月)、東京(2018年2月)、そしてパリに拠点を構えることは、創業当初からの計画のとおりだ。そして、刷新したばかり All Turtles のウェブサイトもまた、そんな我々のグローバルな思想を表すものになっている

  • クリエイティビティ(創造性)とは、プロセスである

「天才とは、99%の努力と1%のひらめき」だという有名なエジソンの言葉がある。彼は99%の努力ではなく、1%のひらめきの部分の重要性を強調したかったとも解釈されているが、何れにしても努力なしには天才は生まれないということに違いはないだろう。そしてプロダクト開発もそれに似ていると我々は考えている。つまり、クリエイティビティを生み出すのに、真の才能(=ひらめき)はもちろん重要だが、それを活かしてプロダクトに仕立て上げるプロセス(=努力)こそがカギを握るということだ。All Turtles は、そういった環境を整備して起業家の才能を開花させる支援をしていきたい。

  • 真に意味のある問題に取り組めば、スケール(規模の拡大)は後からついてくる

シリコンバレーのVC(ベンチャーキャピタル)は、スケールする事業、極端に言うとユニコーン(時価総額1千億円超)になるようなスタートアップにしか投資しない。スタートアップは、市場規模・成長性はもちろん、バイラル性、テクノロジー、オペレーション面のスケーラビリティをVCに厳しく見極められる。一方、我々 All Turtles で最も重視するのは、「真に意味のある問題」に取り組んでいるかどうか。それさえできていれば、スケールは後からついてくると信じている。少しでもいい、世界をより住みやすい場所にしてくれるサービスだ。だからこそ、何の問題を解決したいのか、それを見極めることにとことん拘っている。

フィルによる All Turtles の紹介の後は、支援先の中で欧州に拠点を置いている下記5社の起業家たちにも登壇していただいた。何れも上記3つの基本的な考えを体現するようなプロジェクトだと思っている。

  • Chatterbox  難民の語学力を活かし、オンライン語学の先生として仕事をする機会を提供するサービス
  • Spotハラスメントの事実をAIを使って正確に記録し、その把握と解決を手助けするサービス
  • Leade.rs世界の有能なスピーカーの知見を共有できるイベント開催を可能とするサービス
  • Fastforward.ai途上国を中心とした通信キャリアとユーザとのコミュニケーションを円滑にするチャットサービス
  • Sunflowers labsAIとドローン技術を活用して遠隔地域などでのホーム・セキュリティを実現するサービス

その中でも Spot には特に思い入れがある。というのもこれは All Turtles で発案・開発した社内事業で、現在は創業メンバーたちがロンドンとベルリンで活動している。この事業は、ハラスメントに悩む人々をAIの力で助けたいという想いで立ち上げたばかりのもので、このインタビュー記事に詳しい

近い将来、東京で取り組んでいるプロジェクトを世界に発表できることを楽しみにしている。